nodoka で右 Shift キーが効かなかった件

昨日に引き続きキーカスタマイズのネタです。

実は Windows で Emacs 似のキーバインドを使いたいために nodoka というユーティリティを使っているんです。
で、今まで気付いては忘れてた挙動に「右 Shift キーでは Shift されない」というのがありました。

今回よく調べてみたところ、nodoka を一時停止すると問題無く Shift されるので、設定が原因だろうと色々試しました。
調査とログのダイアログを駆使して探った結果、下のような設定で無事に動きました。


# 右 Shift のキー名を定義
def key E0RightShift E0RShift = E0-0x36
# 右 Shift を 左 Shift とみなす
def subst E0RShift = LShift
# 仮想キーの Shift が押されるように設定
keymap Global
mod shift += E0RShift
key *E0RShift = *LShift
# nodoka を使いたくないキーマップ(KeymapDefault)にも適用
keymap KeymapDefault
mod shift += E0RShift
key *E0RShift = *LShift

これはマニュアル(カスタマイズ詳細)中央あたりの次の部分を参考にしました。

なお、右シフトキーが使えないことは致命的なので、ホスト側の のどか設定ファイルでは、window RemoteDesktop /mstsc\.exe/ を記述し、ホスト側でのキー入れ替えは無いことにして、リモート側のどかの設定ファイルでは、下記のような設定をすると良いでしょう。

def key E0RightShift E0RShift = E0-0x36

mod shift += E0RShift

key *E0RShift = *LShift

カスタマイズまわりはハマると面倒ですね。

Putty 経由の Emacs で C-M-S-v が入らない件(未解決)

今回は Emacs です。
以前から使ってはいたのですが、ここを参考に設定しなおしてみようかと思いまして。

とりあえず Ubuntu Linux の仮想マシンを用意して Putty でログインして Emacs をいじっていました。
で、サンプルの通りにキーバインド「C-,」を割り当てて使ってみると動きません。
現在の割り当てを調べる「C-h c C-,」を使ったところ、どうも「C-,」が Linux に入っていないようでした。

この問題については最終的にこのサイトを参考にして解決できました。

該当ページ中から「xterm風定義」リンクを辿ると他のキー一覧もあります。
その中でカンマを示す「VKey188」の行ですが、以下(4番目が \033[27;6;60~)が正しいのではないかと思います。
VKey188=\054,<,\033[27;5;44~,\033[27;6;60~,\033\054,\033<,\033[27;13;44~,\033[27;14;60~

引き続いて「C-M-v」の別ウィンドウスクロールの逆方向版を「C-M-S-v」(Shift を追加する)に割り当てようとしましたが、こちらは解決できませんでした。
「C-,」と同様に「VKey…」を追加すればいいかと思って下のように色々試したのですがダメでした。

試した内容

  • VKey86=,,,,,,,\033[27;14;118~
  • VKey86=,,,,,,,\033[27;14;86~
  • VKey86=,,,,,,,\033[27;14;v~
  • VKey86=,,,,,,,\033[27;14;V~
  • VKey86=,,,,,,,\033[27;5;118~
  • VKey86=,,,,,,,\033[27;5;86~
  • VKey86=,,,,,,,\033[27;5;v~
  • VKey86=,,,,,,,\033[27;5;V~

カンマ区切りのキーコード出力部の内容は 「\033[27;≪修飾コード≫;≪キーコード≫~」だろうと思っています。
この中にある「27」は多分 Escape キーの VKey コードでしょう。

どれも思うようにいかなかったので、現在はエスケープシーケンスの規則を調査中です。
参考サイトに書いてある気もしますが、英語を読むのが面倒なので Try&Error で頑張ります。

参考サイト

ちなみに「C-,」問題は nadoka で「key C-Comma = &SendText("\e[27;5;44~")」でも解決できましたが、対象文字列を入れる時に一文字ずつ(少しだけ)ウェイトがかかって微妙な気分になるので止めました…

暗号化とか署名とかハッシュとか

まずは、ざっくりとした一覧です。

こうしてまとめてみると、思っていたよりも色々ありますね。

特に Windows に certutil コマンドがあって、エンコードとハッシュ計算ができるのには驚きました。

それと、暗号化ファイルを元に戻す時には(大抵の場合)同じソフトが必要になります。 渡す相手には何のソフトで暗号化したか伝えておきましょう。

コミPo! からキャラ絵を切り出す方法

またまた、お久し振りです。

今回は死蔵してあった コミPo! を利用して、ゲームの立ち絵などに使えるキャラ絵を切り出す方法をメモします。

コミPo! は、本来マンガ作成ソフトなのですが、作成した絵の二次利用(制限あり:詳細は 公式サイト参照)ができます。
そこで、様々なポーズ・表情のキャラ絵を作成してゲーム内で表示するために、何とか指定サイズで簡単に切り出せないか試して、とりあえず以下の方法に落ち着きました。
(ちなみに、今のところコマンドラインから操作するため、マウスクリックでホイホイというわけではありません)
続きを読む